セフレに対して冷たくしていませんか?恋人ではなくてもセフレは血の通った人間なのですよ。

せフれだから軽い気持ちでいい・・とか。せフれだからいつでも使い捨てできる・・とか。
せフれと完全に割り切った気持ちでいてやる・・。と思いながら関係を持っていませんか?
確かにせフれと言うのは恋人ではありません。しかし、感情を持っている人間だと言う事を忘れてはいけません。
せフれとしてスタートしたにも関わらず、どちらかが相手に愛情を示す事もあり得るのです。
女性も男性もせフれに対して本気になる可能性があるのです。それは心を持っている人間だからなのです。
もしも、相手のせフれが本気になってきたような気配を感じたなら、冷たくあしらわないようにしましょう。
せフれとは言え、せっかく出会って関係を持ってきた相手なのですから、傷つけないようにしてあげましょう。
たとえば、「せフれなのだから本気になるなよ!」などと言う言葉は出さないようにして、冷静に対応してあげましょう。
せフれはオモチャではありません。喜びも哀しみも持っている人間なのです。
せフれ以上の関係を求められても、自分にその気がない場合は、丁寧に説得する姿勢をとってください。
気持ちよく別れるのは難しいかも知れませんが、できる限り最善を尽くす気持ちを持って欲しいものです。
その結果、せフれを解消する方がお互いの為になると思うのです。話し合いは大切なのですよ・・。むげにしない事です。
せフれを尊重する事は大切ですが、せフれの枠を超える内容まで、無理に尊重する必要はないのです。
要するに、人の心は変わる・・と言う事を想定内に入れてせフれとの関係を持つようにしましょうと言う話です。
人間関係と言うのは、せフれだけに限らず、気持ちよく付き合いたいに決まっていますし・・。
男性はせフれの女性に冷たいのではないか・・と言う声が、世間一般に言われているようですよ。大丈夫ですか?